エレメント有限会社は高圧電源・高電圧システムのマイスターとして様々なご要望にお応えできると確信しております。
エレメント有限会社  TEL 042-786-5063
FAX 042-786-5065
info@ kocho.jp
〒252-0331神奈川県相模原市南区大野台5-13-3
弊社は高圧電源ユニットはもとより高圧配線、安全対策、高圧電極、試料台等トータルでサポートさせていただいております。
  ホーム高圧電線についてQ&A会社案内お問合せ  
 高圧電源を初めてご使用される方、加速、偏向是非ご相談下さい。
高圧電源を初めてご使用される方是非ご相談下さい。
 高圧電源・高電圧システムのマイスターとして様々なご要望にお応えできると確信しております。

高圧電源を初めてご使用される方是非お読みください。

おかげさまで22年目いろいろな研究室、製造現場にお招きいただきました経験を基に単なる
高圧電源だけでなく、使い勝手の良いユニットやシステムとして供給させていただいております。

高圧電源自体は既存の製品を所有しているので、それらを流用し外部制御システムや重畳システムを製作して欲しいとのご要望が増えております。

高圧電源のカスタマイズはエレメントにお任せ下さい。 info@kocho.jp
コロナ放電システムは高圧電源を用いた昔からの技術ですが、熱エレクトレット素子の
帯電処理等を含めさエレクトレット装置としてまざまな分野でご利用いただいております。
最近では振動エネルギーの分野でも重宝されております。

帯電電荷量の評価は関西電子様表面電位計をお勧めします。

コロナ針電極で上手くゆかず弊社のシステムに乗り換えられる方が増えております。

分極処理におきましては、”シリコンをオイルを使用しないので非常に扱い易い”と
好評価をいただいております。

グリッド電極の有無、手動、自動装置、安全対策等ご希望に応じたシステムを供給させて
いただいております。

なかなかうまく帯電処理ができないとお悩みの方、まずレンタルでお試し下さい

ラボビューソフトで動作させたい場合はテック電発様をお勧めします。

エレクトロスピニングの分野におきましては、最近多いお問い合わせは、高電圧が
リークしているのか放電してシリンジポンプを破壊してしまうです。
溶液の種類によっては絶縁度が低すぎてリークし放電する場合と絶縁度が高すぎて
溶液間で放電してしまう場合もあるようです。
特に海外製の安価なシリンジポンプは放電ノイズに弱いようです。
弊社では高圧電源ユニットはもとより安全対策も含めてご提案させていただいております。

集塵機や電気泳動、静電塗装、オゾン発生におきましては、ローコストな小型モジュール
タイプの高圧電源を供給させていただいております。
モジュール電源ですが、アーク放電等にタフな電源です

初期オゾン発生や集塵試験用には19インチラックサイズに収納しました
大型高圧電源ユニットもご用意させていただいております。

さまざまな実験や試験に対応できる19インチラックサイズの高圧電源ユニットは耐放電ノイズ
対策に優れ、また標準装備で外部インターフェース機能、インターロック機能、ステータス機能
を有しております。

イオン源ラックは加速器用高圧電源ユニットの中でもコストパフォーマンスに優れており、且つ
安全対策も充実しております。
市販品ラックを使用し、絶縁ロッドにて重畳部を操作致します。高圧電源重畳用光通信ユニット
もご用意しております。

MCP電源は超低リップルの高圧電源を重畳した製品です
小型19インチラックケースに収納しております。
他の真空装置の制御系と同じラック内に収納できます。
インターロック専用のユニットもご用意しております。

帯電測定はコロナ放電装置により帯電処理の結果を測定するためには欠かせません。
ある程度帯電すれば良い場合と帯電分布の均一性が求められる場合がございます。

高耐圧絶縁トランスは加速システムや重畳システムに欠かせません。商用交流電源
AC100VやAC200Vを高耐圧まで引き上げて使用するためには必要不可欠な製品です。

静電チャックは、以前は半導体や液晶用ガラスパネルのチャッキング用に欠かせませんでした。
最近では、ラミネート処理等にもご利用頂いております。半自動のタイマー制御タイプもございます。
ディスチャージ機能や極性反転機能を有した外部制御方式の高圧電源ユニットが主流です。

まずどのような負荷にどのようにアプローチされたいかお教えください。

判りやすくをモットーに丁寧にご説明させていただいております。
レンタル、ご購入に関わらず何か質問、疑問等ございましたら、お訊ね下さい。
初めから専門家の方はいらっしゃいません。 
お気軽にご相談ください。info@kocho.jp 

個人情報保護方針
  TEL 042-786-5063
  FAX 042-786-5065
  E-mail   info@kocho.jp
  エレメント有限会社


新素材開発のパートナーとして
Copyright © 2007-2019 ELEMENT Co., Ltd. All Rights Reserved