エレメント有限会社は高圧電源・高電圧システムのマイスターとして様々なご要望にお応えできると確信しております。
エレメント有限会社  TEL 042−786−5063
FAX 042−786−5065
info@ kocho.jp
〒252-0331 神奈川県相模原市南区大野台5-13-3
弊社は高圧電源ユニットはもとより高圧配線、安全対策、高圧電極、試料台等トータルでサポートさせていただいております。
  ホーム高圧電線について新素材開発会社案内お問合せ  
 高圧電源を初めてご使用される方、加速、偏向是非ご相談下さい。
高圧電源を初めてご使用される方、是非ご相談下さい。
 高圧電源・高電圧システムのマイスターとして様々なご要望にお応えできると確信しております。




エレクトロスピニング
概要
エレクトロスピニング装置は、溶液、ターゲット、シリンジポンプ、ディスペンサー、ニードル、高圧電源ユニット等にて構成される装置です。
弊社では、いずれの装置にも対応できる高圧電源ユニットを供給させていただいております。
正負選択機種や正負2チャンネル対称操作機種等多種多様の製品を供給させていただいております。
ナノファイハ゛ーを用いたフィルターの開発、医療再生、人工臓器等多岐の分野で注目されております。

小型、軽量、ローコストのハンディボックスタイプから大型正負2CH、重畳ボックス等多岐に渡り製作させていただいております。

最近多いご相談はシリンジポンプが放電で故障してしまうケースです
高圧出力部配線、アース配線、溶液の絶縁度等さまざまな要因が考えられます。
是非ご相談下さい。
エレクトロスピニング1
商品紹介2 レンタル電源ユニット 商品紹介3 ESG電源ユニット 商品紹介4 パルス制御 商品紹介5
  レンタル電源ユニット   ESG電源ユニット   パルス制御  
エレクトロスピニング2
  ETMタイマ電源 ETM3タイマ 重畳ボックス  
  ETMタイマ電源   ETM33タイマ    
エレクトロスピニング3
  正負切替電源ユニット 正負2CH電源ユニット エレクトロスプレー  
  正負切替電源ユニット   正負2CH電源ユニット    
エレクトロスピニング4
ポリマー溶液をディスペンサーに注入し、一定の速度で押し出す構成が主流です。一般的な
実験装置はマイクロシリンジポンプ、ディスペンサー、ニードル、高圧電源ユニットで構成されます。
マイクロシリンジポンプ自体を高電圧上に重畳するエレクトロスプレーもございます。通常の
ご実験の場合の高電圧は10kV〜30kVまでで十分だと思われます。まれに30kV以上
40kV印加されるケースもございますが、リーク電流が増えたり、アーク放電の発生する場合
もあり、取り扱いに細心の注意が必要です。

エレクトロスピニング注意点
 溶剤には揮発性のアセトンや人体に有害な物質が含まれているケースがございます。
 必ず、排気機構を備えたドラフターまたはグローブボックス等でご使用願います。
 高電圧も扱い方によっては危険ですが、溶剤も種類によってはたいへん危険です。
エレクトロスピニングの注意点
1、溶剤には揮発性のアセトンや人体に有害な物質が含まれているケースがございます。
  必ず排気機構を備えたドラフターまたはグローブボックス等をご用意願います。
  溶液が手や人体に付着しないように手袋や衣服に十分ご配慮ください。

2、高電圧を印加します。概ね10kV〜30kVまでが主流です。電流は溶液の導電性にも
  よりますが、一般的には100μAもあれば十分です。
  導電性の高い溶液ですと高電圧がシリンジよりアース側に流れやすく、不要なアーク放電を
  招く場合がございます。これによりシリンジポンプが故障する場合がございます。
  十分ご配慮願います。

3、初期実験の場合高電圧の接続にワニグチクリップを使う場合が多々あります。ワニグチ
  クリップ自体の耐圧は500Vです。当然耐圧オーバーですが、十分な沿面距離があると
  使用できます。ニードルの交換や溶液の交換で頻繁に脱着するためにはやむをえません。
  弊社でも標準で大きめのワニグチクリップを先端に使用しております。
  電圧が高い場合は、ワニグチのギザギザから放電する場合もございます。
  特に大気中でご使用の場合は対流、湿度等の影響も受けます。
  十分にご配慮の上、ご実験ください。

4、アースは勿論重要です。コレクタ側のアースがうまくとれていないとうまく堆積しません。
  溶液はアースに向かって飛んできます。回転式のコレクタの場合はアースとりも工夫が
  必要です。 

よろしければ、詳細資料をご請求ください。個人情報保護方針
  TEL 042−786−5063
  FAX 042−786−5065
  E−MAIL    info@kocho.jp
  エレメント有限会社 
高圧電源について
ホームページのTOPへ